格安SIM比較

【比較完了】乗り換えても大丈夫な格安SIMはこの3つ
格安sim比較

本当に格安SIMに乗り換えて大丈夫?

SIMカード 私も格安SIMに乗り換えて毎月のスマホ料金を大幅に減らそうと考えました。

・でもちゃんとつながるの?
・これまでと同じように使えるの?

やっぱり不安は大きかったです。望んでいるのはこれまで通りの使い心地で料金だけ大幅ダウンです。安かろう悪かろうでは意味ないですよね。

絶対損したくなかったのでいろいろ調べました。そしてわかったのはSIM業者選びが大事だということ。低料金だけが取り柄の低品質業者なども存在してます。SIM業者にもdocomo系とau系があるのも知りました。

このサイトではそれぞれの業者比較はもちろん、格安SIMへ乗り換えるために必要な情報も全部網羅するつもりです。

自力であれこれ調べるのって大変だと思うので、是非役立ててください。

乗り換えても大丈夫な格安SIMはこの3つ

ocn 快適さを求めるならOCN

NTTが運営する格安SIMだけに回線がしっかりしていて、通信速度や安定感がずば抜けて良い!

実はOCNモバイルoneって料金が他社よりちょっとだけ高いです。でも一番人気があるんですよ。

格安SIMに乗り換えた後もこれまでと同じような使い心地を望んでいる人は多いです。そうなると月額費が他社より200円ぐらい高くても、やっぱりOCNという選択に。

>>詳細はこちら


dmm とにかく月額料金を安くしたいならDMM

低料金競争で勝利を収めたのがDMM mobile。

いろんなコースを用意してますが、どのプランでも他社を圧倒!

しかもDMMは回線もかなり優秀。安くて早くて使いやすいコストパフォーマンス抜群の格安SIMとなっています。

>>詳細はこちら


UQ-mobil auから乗り換えるならUQ-mobile

今使ってるauスマホをそのまま格安SIMで使い続けたいなら、KDDI子会社のUQ-mobileで決まり!auのLTE対応スマホならそのまま利用可能。

しかもこのUQ、かなりハイスペックで性能面でも優秀。

auユーザー以外でも、新しくスマホを買うつもりなら要チェック。

>>詳細はこちら

他の格安SIMはダメなの?

私自身OCNユーザーだし、友達に聞かれたときも上の3つをおすすめしてます。

じゃあ他はダメなのか?

率直な感想としては、他はやや劣るのかなと。しかし条件付きながら素晴らしい格安SIMもいくつか存在してます。

そこでこちらのコーナーではそんな「クセはあるけど一芸に秀でた佳作SIM」を4つほどご紹介します。こちらも侮れませんよ!

IIJmio 家族で乗り換えるならIIJmio

10GBを家族3人で分け合えるファミリーシェアプランを用意。かなり料金を抑えられるお得なプランです。

IIJmioはサービスが全体的にしっかりしていて口コミや評判もいい!

>>詳細はこちら


U-mobil ヘビーユーザーならU-mobil

ゲームや動画などスマホをフル活用してるヘヴィーユーザーなら、無制限プランを選択することになると思います。

この分野で一歩リードしてるのがU-mobil。

無制限としては料金が激安で、しかも速度が安定してるのが嬉しい!

>>詳細はこちら


nifmo 本当に最安値を目指す人はNifMo

低料金ならDMMがベストバイなのですが、でも実はNifMoの割引還元こそが本当の最安値だったりします。

NifMoと提携するお店で買い物したり、アプリをダウンロードしたりすればどんどんポイントが貯まり、利用料が割引されていきます。

これを駆使すれば実質0円も夢じゃない!?

>>詳細はこちら


BB.excite タブレットも格安SIMならBB.excite

データ専用SIMカードを複数契約してタブレットなどでも使いたい人なら、BB.exciteが低料金プランを用意してます。

性能面ではあまり多くを期待できませんが、低価格重視のライトユーザーなら魅力的なプランです。

>>詳細はこちら


各社を比べやすいよう比較表も用意しました。こちらも活用してください。

格安SIMの比較一覧表

タイプ別の注意点

あなたはどのタイプ?
当てはまるものをクリック↓

格安SIM 機種変更 格安SIM 今のスマホ 格安SIM データのみ

2015年・2016年のスマホ業界はまるで民族大移動に

比較完了1スマホ業界が決壊寸前なのをご存知ですか?

SIMロック解除が2015年5月から義務化され、2015年と2016年は業界の様相が一変すると言われてます。

MVNOと呼ばれる格安SIM会社による低価格&高品質なサービスが一般化して、多くの人はdocomo・au・ソフトバンクのいわゆる大手キャリアを離れることにことになります。

以前は安かろう悪かろう状態だった格安SIM。しかしOCNやニフティーなど大手が続々と参入してきて事態は大きく動きました。もう現時点では大手ャリアとほぼ変わらない使い心地の時代に

2015年は情報に敏感な若い人を中心に格安SIM化が進み、2016年に入るとキャリア利用者がまわりに減ってることに気づいた後続組が、遅ればせながら続々と格安SIMへ乗り換え始めるでしょう。

10年に一度ともいえるこの変革期をビジネスチャンスととらえ、たくさんの業者がSIM市場に参入してきています。珠玉混在ともいえる状況なので、私たちはどれが良くてどれがダメなのかをしっかり判断して乗り換える必要があります。

Copyright(C) 2016【比較完了】乗り換えても大丈夫な格安SIMはこの3つ All Rights Reserved.