格安SIM スマホ代が安くなる

【比較完了】乗り換えても大丈夫な格安SIMはこの3つ
格安sim比較

格安SIMは実際どれぐらい安くなるのか

毎月のスマホ利用料が安くなると噂の格安SIM。

では実際にどれぐらい安くなるのか?

私のまわりの人たちの例をご紹介します。

A君 8000円 ⇒ 2000円
B君 5000円 ⇒ 700円
C君 14000円 ⇒ 3000円

A君は私のことです。以前は月平均8000円ぐらいスマホ代が掛かってました。それを格安SIMに変えたところ月2000円に!

B君はケチで仲間内では有名な男です。スマホ代も仲間内では最安値の毎月5000円でした。「どうしたらそんなに安く済むんだ?」とまわりに聞かれるぐらい節約上手でした。格安SIMでもデータのみプランを選んで月700円に。ガラケー時代より下がってます。

C君は電話をよく掛けるし、動画も見るしゲームもよくする男です。だから格安SIMでも使い放題を選択。だけど月額料金は3000円で済むようになり喜んでました。

格安SIMに乗り換えると誰でも安くなるのか?

格安スマホ 格安SIMの存在を知った頃最初に浮かんだ疑問が「格安SIMに乗り換えると誰でも安くなるのか?」

答えは「誰でも大幅に安くなる」でした。格安SIMに乗り換えた組で一番月額料が高いC君でさえ月々3000円です。

ではなぜそんなに低料金で済んでしまうのか?

その理由は2つあります。

理由1. スマホ本体代は上乗せされてない

キャリアスマホの月額代が高いのは、スマホ本体の代金が上乗せされてるからです。これはガラケー時代から言われてることなので知ってる人も多いと思います。

ガラケーはまだ本体自体が安かったから月額料もそれほど高くはなかったです。でもスマホは本体自体がアホみたいに高い。iPhoneの最新機種なんて12万円とかします。だからその分上乗せされる金額も高くなり、月額料金も高くなる。

でも格安SIMは本体代が掛からないので当然上乗せ料金もなし。だから安いのです。

思えば2年縛りのせいでみんな頻繁に機種変更させられてました。私も2年縛りの更新に合わせて毎回機種を変更してましたから。

だってそこで変更しておかないと次に機種変更出来るのは2年後になってしまうもん!

そんなワケで私達はバカ高いガラケーやスマホを2年で買い換えさせられ、そのせいで毎月バカ高い本体代金を上乗せされてたのです。

業界のこのボッタクリ体質から脱却したシステムこそが格安SIMなのです。

理由2. 格安SIMは余った回線を使ってる

スマホ料金が高いもうひとつの理由は、回線が贅沢すぎるから。つまり大手キャリアの通信回線は無駄に豪華仕様なのです。

わかりやすい例で言うと、大手キャリアでは毎月のパケット容量は2GBが標準で、2GBを使い切ると制限がかかり翌月まで低速でしかつながらなくなります。

しかしよく考えてみたら2GBも使う人が果たしてどれだけいるでしょう?

ほとんどの人は2GBも使いません。1GBすら使ってないライトユーザーが多いのです。私も毎月0.5GBぐらいしか使いません。普通に使っていればそれぐらいで収まってしまうものです。

docomoユーザーが6000万人いたとしても、実は今の回線設備のままあと1億人ぐらいは 増えても大丈夫な感じなのです。

私達は無駄に贅沢なこの回線の料金まで払わされていたことになります。余裕を持たせているのはいいことですが、でもそのせいでスマホ代が毎月8000円とか馬鹿らしいですよね。

格安SIMはこの余ってる回線を借りて営業してます。程よい回線量を程よい人数に割り当てているから、月額料が2000円とかの常識的な範囲で済んでしまうのです。

Copyright(C) 【比較完了】乗り換えても大丈夫な格安SIMはこの3つ All Rights Reserved.