格安SIMで通信容量を超えたら

【比較完了】乗り換えても大丈夫な格安SIMはこの3つ
格安sim比較

格安SIMで通信容量を超えたら実際どうなる?

格安SIMもキャリアスマホと同じように1ヶ月の通信容量には制限があります。

容量は各プランによって違い、1GBで申し込めば当然容量は1GBに。3GBプランなら3GBまで自由に使えます。翌月へ繰り越せるのが普通なので、3GBプランで申し込んでも繰越分と合わせると実際には1ヶ月4GBとか5GBぐらい使えたりします。

3GBあれば実際どれぐらい使えるかものなのかを紹介したページがあるので、そちらもを参考に↓

スマホや格安SIMの容量の目安|3GBって実際どれぐらいの量?

ではこの容量を超えてしまうとどうなるか?

いきなりスマホが使えなくなるワケではありません。速度制限がかかるだけです。

容量を超えると通信速度が遅くなる

決められた容量を超えてしまうと、通信速度を制限されるペナルティーを受けます。だいたい各社200kbpsぐらいまで落としてきます。

次の月まではこの遅いスピードで我慢しないといけなくなります。

200kbpsというのはつまり0.2Mbpsです。いつも2Mbpsぐらいの速度が出ていたなら、その1/10のスピード。数字だけ見ればすごく遅いように感じますが、実際の使用では実はそこまで遅さは感じません。

メールとかサイト閲覧などは容量自体が小さいので、通信速度はあまり気にならないものなのです。「なんだか今日は妙に重いな。ワンテンポ遅れる感じだな」ぐらいのものです。動画などの大きなものを見るときには、あきらかに遅く感じます。

追加オプションで制限を解除する方法も
通信容量を使いきっても追加料金を払えば、制限を解除できます。

料金は400円~500円ぐらい。0.5GBほどの容量が追加され、これを使い切るまでは高速通信が可能になります。これも使いきってしまったら更に料金を払って再追加も可能。

遅さに我慢できないようならこの追加オプションで乗り切りましょう。
Copyright(C) 【比較完了】乗り換えても大丈夫な格安SIMはこの3つ All Rights Reserved.