格安SIMの初期設定

【比較完了】乗り換えても大丈夫な格安SIMはこの3つ
格安sim比較

格安SIMの初期設定が自分で出来るか不安だったけど

スマホに格安SIMを挿せばすぐ電話が出来るようになるワケですが、ネットの利用、つまりデータ通信に関しては初期設定が必要。

私は機械とかデータ入力のたぐいが苦手なので、自力で出来るか心配でした。いざとなったらパソコンに詳しい友人を呼ぼうかと考えてました。

しかし説明書どおりにやってみたら拍子抜けするぐらい簡単でした。

なぜなら入力する項目は5個ぐらいしかなかったのだから。たぶん田舎のばあちゃんでも自分で出来ると思います。

自分でAPNを設定する

APN設定 格安SIMが郵送されてきたら自分でAPN設定というものを行わないといけません。

APN設定と言われても聞き慣れない名前ですが、ようするにキャリアへつながるよう設定されたままの回線を、新たにSIM会社の回線へつなぐよう設定し直すわけです。

入力はこんな感じ。

スマホでこちらの画面を呼び出して、ユーザー名やパスワードを入力すればいいだけ。

最初この設定画面を見たとき設定項目がずいぶん多いのでビビリました。しかし説明書によれば全部を書き換える必要はないとのこと。大半は未設定のままでOK。入力項目は図のようにとても少ないので助かりました。

この設定画面を表示させる手順はSIM会社から送られて来る説明書に書いてあります。こちらもすんなり出来ました。



OCN説明書

Copyright(C) 【比較完了】乗り換えても大丈夫な格安SIMはこの3つ All Rights Reserved.