格安SIM SMS

【比較完了】乗り換えても大丈夫な格安SIMはこの3つ
格安sim比較

格安SIMにSMSなんて本当に必要?

SIMカードにはSMS付きのものがあるのはご存知でしょうか?

「何だそれ?」という話ですよね。でもこれ、人によっては重要な問題になってきます。

SMS付きのSIMカードは普通のやつより月々150円ほど高くなります。SMS機能付きが用意されているのはデータ通信のみプランだけ。音声通話付きSIMにははじめからSMS機能が備わっています。

SMSとはショートメッセージサービスのことで簡易メール機能みたいなものです。使ってる人はほとんどいません。

それなのに格安SIMがわざわざこの機能が付いたバージョンを用意してるのは、いくつかの問題を解決してくれるから。

SMSが付いてないと起こる厄介な問題

LINEで不便な思いをする
LINEの登録を行うときSMSで認証を行います。Facebookアカウントで認証する方法もありますが、LINE電話が使えなくなります。

さらにSMS認証をしていないとID検索機能も使えません。新たに友達を追加するとき少し不便かも。
セルスタンバイ問題が起きる
SMSがないとアンテナピクトに問題が生じて、電波を延々と探し続ける誤作動が起きます。このセルスタンバイ問題が発生するとバッテリーを消費して電池持ちがかなり悪化。

iPhoneでLTEが使えないかも
SIMフリーのiPhone5sや5cはSMS付きじゃないとLTEが使えません。iosのバージョンによっては使える場合もありますが、テザリングがダメなどのケースも。

SMS不要論

SMS機能が付いてないといろいろ問題が持ち上がると書いてきました。

しかしデータ通信のみのSIMを選ぶのはスマホ代を少しでも節約したいから。SMSのせいで毎月150円もアップするのは嫌ですよね。

そもそもLINE電話を使わないならLINEの認証自体はFacebookアカウントでやればいいんです。IP電話アプリは他にもいくらでもあります。

セルスタンバイ問題だってLTE端末ならそれほど起きません。問題が起きたとしても機種や使用環境によっては思ったほどバッテリーを消耗しないという話も聞きます。

こう考えるとSMSなんて本当にいるのかなと思えます。もしSMSなしのSIMカードを購入して問題が起きるよなら、途中でSMS付きに変更すればいいのです。多分数千円の費用はかかってしまうけど、最初からビビってSMS付きを買うのは私は嫌です。

それなら最初から音声通話付きSIMを買います。安さが命のデータのみプランならSMSなしで行くのが男ではないでしょうか。

Copyright(C) 【比較完了】乗り換えても大丈夫な格安SIMはこの3つ All Rights Reserved.