SIMのサイズ

【比較完了】乗り換えても大丈夫な格安SIMはこの3つ
格安sim比較

SIMはどのサイズを買っておくべき?

・mini(大)
・micro(中)
・nano(小)

SIMカードは大きさが3種類あります。自分のスマホに合った大きさの物を購入しないと、最悪SIMカードが挿せないという事態も。

事前にSIMのサイズを確認してから格安SIMへ申込みましょう。

一応アタッチメントというものがあり、それをハメれば小さなSIMカードでも大きなSIMスロットに挿せます。

逆に大きなSIMカードを小さなスロットに入れたいなら、カッターナイフなどで削るという方法を用います。

スロットと大きさが合わなくてもなんとかなりはします。でもどうせなら将来性も考えてベストなサイズを選びたいところ。

今のスマホに入る入らないはともかく、将来的にも長くSIMカードを使いたい場合、どの大きさのSIMを選んでおけばいいのか?

その答えは明確です。3つの中で一番小さいnano-SIMを選択するのがベスト!

新機種の多くがnano-SIM傾向に

nano-SIM 将来性を考えるならnano-SIMで決まりです。いま登場してきているスマホの新機種の多くがnano-SIMを採用してるからです。もう大きなSIMカードは時代遅れと言ってもいいでしょう。

小さく出来る技術がある以上、わざわざ大きなカードやスロットを使う意味がなくなってきました。これからはnano-SIMが標準サイズとなっていくでしょう。

現在のスマホのスロットがnano以外のときは少し悩ましいですよね。しばらく買い替えないつもりなら今のスマホに合うサイズのSIMカードでもOKです。でも近々機種変更しそうならnano-SIMにしておくのが賢明でしょう。

アタッチメントを使えばnano-SIMでも簡単に大きいスロットに収まります。これが逆に大きなカードを小さなスロットに入れる場合、自分でカッターで加工する手間がかかり面倒。削り方を失敗するとSIMカードが中でグラつき、動作が安定しないなんて事態も引き起こします。

SIMカードに限っては大は小を兼ねません。小こそ大を兼ねるのです!

Copyright(C) 【比較完了】乗り換えても大丈夫な格安SIMはこの3つ All Rights Reserved.