格安SIM 機種変更

【比較完了】乗り換えても大丈夫な格安SIMはこの3つ
格安sim比較

機種変更と格安SIM乗り換えを同時に行うには

格安SIM 機種変更 ・機種変更したい。
・ついでにMVNO(格安SIM)に乗り換えたい。

機種変更と格安SIMへの乗り換えを両方をいっぺんに行う人は多いです。新しくスマホを購入することになるため、柔軟にMVNOを選べます。

スマホの入手方法は2通りに別れます。安全だけど選べる機種が少なくしかも割高な方法と、リスクがあるけど機種が豊富で値段も安い方法です。

安全第一でスマホを購入する

格安SIMで使用するスマホを新たに購入するつもりなら、ネット通販などでSIMフリーの機種を買うのが王道パターン。安全性を重視する人やあれこれ調べるのが面倒な人に向いてる購入方法です。

SIMフリー機を買う
格安SIM時代の到来に合わせて、どのキャリア・どのMVNOでも使用可能なSIMフリー機が続々登場しています。

まだ種類が少ないのが欠点ですが、安心して買える国内正規品みたいなイメージです。
格安SIMとセットで買う
一番楽チンな方法がMVNOでのセット買い。格安SIM乗り換えとスマホ購入が一度に出来てしまうため、手続き一本化でとにかく楽!分割払いが標準で、格安SIMの月額料にスマホの分割代金がプラスされる感じになります。

MVNOによってセット販売を行なってる機種は違います。欲しい機種でMVNOを選ぶというのもアリです。

各MVNOがセット販売してる機種まとめページ

リスクありのスマホを購入ケース

白ロムという言葉を聞いたことがあると思います。

白ロムとはつまり中古スマホのこと。使い込まれた本当の中古品もあれば、未使用の新品中古もたくさん売られてます。いずれにしろSIMロックがかかってますので、格安SIMで使うつもりならdocomoの中古機種を購入するのが一番。

とくにauとソフトバンクのiPhoneは要注意。避けるのが無難です。

参考ページ:いま使ってるiPhoneは格安SIMで使えないかも

ほとんどのMVNOはdocomo回線で運営してるので、docomoの中古スマホならSIMロックが掛かっていてもだいたいどこのMVNOでも使えます。MVNOの公式ホームページに対応機種一覧があるはずです。購入前にこの確認は怠らないように。

使い込まれた中古品は安いですが、当然当たりハズレがあります。バッテリーの疲弊具合も使ってみないとわかりません。多少高くても新品中古の方が安全です。しかし中には赤ロムと呼ばれる事故品も混ざってます。白ロムを購入するなら事故品に対する保証をしてくれるお店がいいでしょう。

白ロムは通販で購入するのが一般的です。amazonなどの大手や有名ショップは割高だったりしますが、安心という面ではやっぱり大手が一番です。

海外SIMフリー機を買うという選択も
海外ではSIMロックなどないのが普通。そのため外国で発売されてるスマホの多くはSIMフリー。

国内版にはない機種も買えてしまうので、特定の機種がどうしても欲しいなら海外版という選択もあり。アマゾンなどでも買えます。

ただしLTEが使えない海外版が存在してるなど、国内で売られてるものと仕様が微妙に違う機種もあります。そのためある程度下調べは必要。付属の説明書も当然英語です。調べるのが面倒な人はやめておいた方が無難です。
Copyright(C) 【比較完了】乗り換えても大丈夫な格安SIMはこの3つ All Rights Reserved.